お葬式、お墓、納骨、位牌、年忌法要と仏事にはわからないことがたくさん、トータルにサポートいたします。ご相談ください。

仏事トータルサポート・小さなお葬式のお手伝い

葬儀の流れ

トップページ葬儀について>葬儀の流れ

葬儀の流れ

もしもの時、頭が真っ白になってしまって、言われるがまま、葬儀が終わって、もっと最期のお別れをゆっくりしたかったと後悔し、さらに請求書をみてびっくりするなんて話をよく聞きます。まずはあわてないで、お電話を。何をどうしたらよいのか、事細かに当社スタッフがご案内いたします。

step1ご臨終まずは当社へお電話ください。(0120-03-0661)24時間受付。
その際すぐに必要な事柄のご案内をいたします。
step2搬送指定の場所(病院・警察署など)へお迎えにあがります。
医師から死亡診断書を受け取ります。
step3ご安置故人さまをご指定の場所にご安置しドライアイスの処置をし、枕飾りを設置いたします。ご自宅でのご安置が望ましく思われますが、ご事情によりご安置できない場合、当社の冷蔵霊安室にて、故人さまをお預かりいたします。
step4お打合せ①式場・日時の決定 ② 宗教者への連絡 ③葬儀の規模と食事や香典返しの数量 ④遺影写真の準備 ⑤死亡診断書記入 ⑥葬儀の予算 ⑦喪主の決定 など お見積りにて金額の確認をしていただきます。
お打ち合わせ終了後、ご親族や関係者へご連絡を。
役所手続きや通夜・葬儀の準備手配はすべて当社が行いますので、故人様と最期のひとときを大切にお過ごしください。
step5ご納棺ご遺族の手により旅支度を整え、お棺にお納めいただきます。
故人様の愛用品やお持たせしたいものなども一緒にお納めいただきます。
オプションで湯灌をお薦めしています。
ご納棺の前に枕経(まくらきょう)・枕看経(まくらかんきん)を行うことがあります。所属のお寺・菩提寺にご相談ください。
step6お通夜通夜は、ご遺族や故人さまと親しかった人たちが、故人さまとの別れを惜しみながら、一緒に過ごす最後の時間です。かつては、ご遺体に邪霊が侵入するのを防ぐといった意味から、文字通り夜を徹して故人さまの枕元に付き添ってお線香をあげていたと言われています。しかし最近では、多くは6時位から弔問客を迎え、1~2時間程度の時間を通夜式として営むケースが多くなっています。また閉式をした後は、通夜ぶるまいのお席で会葬者の方々とお食事します。
step7葬儀と告別式葬儀(宗教儀礼)と告別式(ご遺族による故人様との最後の別れ)を併せて行うようになりました。お別れの儀の後、会葬者へ親族代表のあいさつを行い、火葬場へ出棺となります。
step8火葬火葬から収骨まで1時間~1時間半ほどかかります。この間に精進落としのお料理をお召し上がりいただくことが多くなりました。
step9後飾りご遺骨・遺影・白木位牌を後飾り祭壇にご安置します。
step10納骨葬儀の後、自宅に安置していた遺骨をお墓に納めます。納骨の時期は、決まりがないですが四十九日目にあたる七七日忌の法要と併せて行われることが多いようです。納骨後、ご遺族が僧侶や参列者全員を茶菓子や酒食でもてなします。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional